お酒もほどほどにしたいと思ってはいるのですが。

2016.04.12

お酒もほどほどにしたいと思ってはいるのですが。 はコメントを受け付けていません。

お酒を飲み始めてから早30年以上が経過しましたが、病気で入院したとか仕事で徹夜したなどどうしても飲めない状況以外の日は、毎日欠かさず何某かのアルコールを摂取して来ました。

酒は百薬の長という言葉もあるように適量であれば精神をリラックスさせ血流を良くする作用があるので、健康にも良いという話ですが、私の場合どうもお酒が原因である病気に何度か罹っています。

その一つが痛風で、主にビールなどに多く含まれるプリン体をたくさん摂ることで尿酸値が高くなって指の間接に溜まることで激痛を引き起こすということですが、文字通りちょっとした動作や触っただけでも痛くて転げまわるほどでした。

しかし、これ以上に痛い目にあったのが尿管結石というやつで、腎臓で出来た石がオシッコとともに体外に出て来るときに痛みを引き起こすのですが、まさに地獄の苦しみを味わいました。

医者に言わせるとビールなどの発酵酒よりも焼酎やウィスキーなどの蒸溜酒の方が尿酸値は上がりにくいということで、そちらを進められましたがやはり風呂上りのビールは何モノにも換え難いと思います。

最近では歳のせいかお腹も出て来ましたので、お酒の量も控えようとは思っていますが、毎年の健康診断で休肝日を設けるようにとの指導もされるようになって来ました。

幸いにもGTP値など肝臓関係の数値は比較的高めですがなんとか許容範囲内をキープできていますので、この状態を保てるように毎日の生活に運動でも取り入れてみようかと思っています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー